おしゃれな時計ベルトを探してみよう

使わなくなった腕時計が自宅に眠っているという人も多いでしょう。本体は問題なくてもベルトが傷んだり汚れてしまった場合、このパーツだけを交換して使うこともできます。ちなみに、市販の製品のほとんどは自身でバンドを外すことができますし、意外と簡単に交換できるということです。バンドの寿命に合わせて本体を購入するというのはなかなか難しいですし、バンドを外してこまめに手入れや交換を行うことにより、本体を買い替える回数を減らすことができるのです。気に入っているものならしっかりケアして長く使いたいものでしょう。やり方さえ知っていれば誰でも簡単に外すことができます。用意するのはバネ棒外しという工具だけであり、通販サイトなどでは数百円で購入することができるでしょう。

正しい交換方法を知るのがおすすめ

バネの穴が小さい場合は替え刃が必要になることもありますが、それも安く購入することができます。コツを掴めば簡単にできるようになるため、正しい交換方法を知っておくと良いでしょう。まずは時計とベルトを繋ぐバネについてチェックします。バネ外し棒は片方がバネを突けるように先端がI字型になっており、反対側はひっかけるようにY字型の二股構造になっています。バンドの連結部分であるラグに外から突ける穴がある場合や外からバネが見える場合はI字型、穴がない場合はY字型の方を使いましょう。工具の使い方がよく分からない場合は専門店で教えてもらうのがおすすめです。バネ外し棒は上下の先端が尖っており、怪我などに注意して扱いましょう。本体やラグに傷をつけることもありますし、布やタオルなどで保護しながら作業を行うのがおすすめです。

自宅にいながらバンドを交換する

金属製ベルトは裏面にバネ棒が覗く溝があるため、バネ外し棒のI字型の方を溝に差し込み、バネ棒の端を中央に向かって押し込みます。バネ棒の伸縮が固いときは本体を作業台に固定すると力を入れやすくなります。バネ棒を内側に押し縮めながらバンドをずらしていくと良いでしょう。穴のある皮ベルトの場合はI字型の方を使いますが、外側に穴がない場合はY字型の方を使います。外から見えないバネ棒はバンドを繋ぐように通っているため、ラグとバンドの間にY字型の先端を差し込みましょう。バネ棒の溝に引っ掛けたら伸縮部分を押し下げることになりますが、その状態でバネ外し棒を手前に引くことにより、バンドを外すことができるのです。バンドの外し方が分かればショップに行かなくても自宅で時計のバンド交換ができます。