時計のベルト一つで印象が変わります

人にあったとき、意外と目に入るのが時計ではないでしょうか。男性でも女性でもさりげなくつけていると格好いいですし、おしゃれに感じます。時間がすぐにわかる意味でつけている人がほとんどだと思いますが、中にはおしゃれのために飾りとしてつけている人もいます。また、ブランド物や有名なメーカー品をつけていると、その人のステータスみたいなものを感じます。高級なものならそれだけでその人の地位なども把握できます。しかし、いくら本体が立派であってもベルトがたいしたことがないものなら意味がありません。また本体は格安のモノであっても、ベルトがすばらしいものならぜんぜん印象が違います。こういったところにこだわりを持つと周りの人から一目置かれるようになるのではないでしょうか?

ちょっとしたしぐさに感じるもの

ベルトだけでそんなに印象が変わるのかなと思う人もいるでしょう。でも、女性の場合は時間を見るときに手首を見せる事になります。そのときに本体よりもそれが皮製であるのか、貴金属であるのか、古いものであるのか、新しいものなのか、など意外と目に入るものです。高級な革製品なら本体ももちろん豪華に見えますし、かなりこれにお金をかけているのだなと相手に印象を与えます。また、貴金属でも印象が違ってきますし、その人の年代や性別、職業によってもぜんぜんインパクトが違ってきます。このようにちょっとした事ですが、相手に見られる印象派がらりとかわります。ですので、相手に注目されたいと感じるならば、本体を立派にするのではなく、この部分にこだわりを持ってみてはいかがでしょうか。

つけているときだけではないからこそ。

時計はつけているときがすべてではありません。もちろんお風呂に入るときやスポーツをするとき、または汗をかいたので一度はずすということなどいろいろな場面が考えられます。そのときに時計に注目する人もいるかもしれませんが、むしろこのベルトの部分に引き込まれる事があります。いいデザインだなとか、細くてきれいとかいろいろ理由があると思いますが、なんといっても時計そのものにあっているからこそ、目立つわけでそれ自体がひときわ目立てばそれでいいというのではありません。本体との相性が抜群なものを選びたいですし、自分の服装にあったものを使うほうがよいのです。また夏場などはすぐにはずせるようなものがいいです。そういうところにもしっかりと配慮している人はうまく使用しています。