自分らしさが出せる時計ベルトの選び方

時間を知るための機能であれば腕時計でなくても役割を果たせます。腕時計はビジネスやレジャーにおいて時間を確認するだけの道具ではなく、ファッションの一部でありステータスの象徴ともいえます。TPOに合わせてケースの形状を変えたり、ベルト(バンド)の素材や色を選択するのは大人の嗜みでしょう。ビジネスで人と接する場面では個性を強調せずラウンド型で革素材のベルトを選ぶと良いでしょう。一方、友人や恋人と街へ出かけるときには、自分の好みにあったアイテム例えばスクエア型やトノ―型などを腕にすると楽しい時間が過ごせます。気を付けたいのは、ビジネスの場面での高級ブランドです。ステータスを殊更強調することになり、それほど親しくない間柄であれば誤解の元になるため選ばない方が無難です。

バンドの素材にはどのような種類があるか

バンドの素材にはいくつかあり、革製や金属製、ウレタン製、ナイロン製といったものがあります。TPOを選ばない素材は革製や金属製になるでしょう。印象がカジュアルになり過ぎないので、接する相手にとって手元を気にせず会話ができます。逆に言えば、それだけオーソドックスな素材といえます。ただ革製が好きな方の中には、ワニ革のゴツゴツした外見が好みだとか、牛革の使い込んでいくごとに柔らかく馴染む感じが良いとか、革の原料である動物にこだわる方もいます。金属では従来からあるステンレスではなくチタンの軽さを選ぶ方もいます。このように革製、金属製の中にも種類があります。対してウレタン製やナイロン製は、多彩で個性の表現はし易いですが、カジュアルなため重厚感を求めるのは難しいでしょう。

バンドの交換によって自分らしさが表現できる

バンドは簡単に変えられるので、個性を表現するのに最適です。交換には本体とバンドを固定しているバネ棒を外します。専用の道具であるバネ棒外しを用意し、手で本体が動かないようしっかり押さえて外します。購入時と違う色、違う素材のバンドを付けてみると、新しい商品を購入したような新鮮な気分が味わえます。時計本体は高級ブランドでなくても高級なバンドに付け替えれば、全てが高級感に溢れます。個性を表現するには絵画でもそうであるように色彩が最適です。ウレタンやナイロンの鮮やかさはもちろんのこと、革製ベルトでも黒や茶だけでなく、白や緑、赤など自分らしさを演出するには十分な色があります。今使っているもの、棚の奥にしまってあるもの、退屈な商品だと諦める前にバンドの交換で新しい時計に生まれ変わらせてみるのも楽しいでしょう。